お知らせ

開業して1年がたちました。
1年を振り返って

皆様こんにちは。早いもので2022年8月1日で開院して1年が経ちました。開院当初は、近隣の医療機関、居宅介護支援事業所、地域包括支援センターといった関係各所に連日ご挨拶に伺いました。今では多くの事業所や医療機関から患者様のご紹介をいただいております。多くの方に支えられて、現在のクリニックがあるとスタッフ一同実感しております。本当にありがとうございます。
この1年は新型コロナウイルス感染症の第5、6、7波に重なる時期となりました。当院の患者様でもコロナにかかり治療を受けた方が多くいらっしゃいました。訪問診療でコロナを診る際にいつも感じることは、訪問看護師さんの活躍ぶりと過酷さです。足の踏み場のないようなご自宅で独居生活をされている高齢者もいらっしゃいます。そんな中でも防護服を着用し、健康管理を行ってくれております。本当に頭が下がる思いでいっぱいです。実際に当院ではコロナに感染して重症化した患者様が数名おり、救急要請をしても搬送できずに困ったことが何度かありました。その時も訪問看護師、薬剤師、担当ケアマネージャー様が協力してくださったことで何とか治療をすることができました。
私が整形外科専門医ということもあり、開業当初から運動器疾患の患者様を多くご紹介頂いております。加齢に伴い背中が曲がってきたり関節が変形してきたため、痛みやしびれでお困りの方も多いでしょう。そのお困りの症状に対してどのようにアプローチをして、楽にできるかを一緒に考えていきたいと思っております。「筋力低下に伴い歩けなくなってきたので診てほしい」などの依頼は多く、リハビリテーションの指導などもしております。
当院でみている患者様の多くは後期高齢者にあたり、複数の疾患を抱えている患者様も珍しくありません。同じ疾患の患者様でも、治療方針の希望は異なるものです。当院は患者様とご家族のお気持ちを考慮した上で、その方にあったオーダーメイドの医療を提供していこうと思います。また、少しでも地域でお困りになっている患者様のお力になれたらと思っております。患者様やご家族様からいただく「いつもありがとう」のお言葉が何よりもうれしくて励みになっております。今後も頑張って参ります。
医療法人修志会 ファミリークリニック新小岩 院長 島田秀人
「週刊エコノミスト」に当法人理事長が特集されました。
この度、7/4発刊の雑誌「週刊エコノミスト」に医療業界で活躍する若手経済人の特集として、当法人理事長の西田雄介が掲載されました。
当法人の想いや今後の構想について取り上げられております。
オンライン上でも見ることができますので、ぜひご覧ください。


【週刊エコノミストとは・・・?】
毎日新聞社が運営する、1923年創刊の歴史あるビジネス誌で、 現在も、感度の高いビジネスパーソン・医療人などを中心に大変人気を誇っております。 全国の書店、コンビニ、Amazonなどで販売されており、 現在、約45,000部を毎週月曜日に発刊しております。


https://rec.weekly-economist.com/?p=660&preview=1&_ppp=779f33562d 詳細はこちら
東京MX 『Doctor’s eye』メディア出演のお知らせ
この度、3/31放送の東京MX 『Doctor’s eye』に当法人の取り組みが特集されました。

見逃された方はホームページバナーよりご視聴いただけますので、ぜひご覧ください。
医師増員(非常勤)のお知らせ
日頃より当院の診療にご理解ご協力をいただき誠にありがとうございます。

さてこの度4月1日より新しく医師が4名増員となりましたことをご報告させていただきます。

これで当院は呼吸器内科、神経内科、整形外科、耳鼻咽喉科の医師が揃うことになりました。
今後も、地域のニーズに迅速に対応できるようフットワーク軽く『動く病院』として機能して参る所存です。

お困りの際はいつでも当院までご相談ください。
皆様のお力になれるように頑張ります。

ファミリークリニック新小岩 院長 島田秀人


【新規着任医師】

⚫高橋菜月 医師 (月曜日)
日本神経内科学会認定専門医

⚫胡谷俊樹 医師 (火曜日)
慶應大学医学部呼吸器内科所属
日本内科学会認定内科医

⚫宮下文織 医師 (木曜日)
日本耳鼻咽喉科学会認定専門医

⚫那須勇紀 医師 (金曜日)
日本整形外科学会認定整形外科専門医
年末年始の診療について
年末年始(12月29日~1月3日)の定期診療と初診往診は行っておりません。
訪問診療をご希望の患者様は、お早めにご連絡頂きますようお願い致します。

上記期間は、訪問診療をご契約のかかりつけの患者様への緊急対応は行っておりますので、緊急時は専用の電話番号までご連絡下さい。


年内最終診療日:12月28日
年始診療開始日:1月4日
当院は安心の訪問診療(在宅医療)を提供するために、万全の感染症対策を行なっています。
当院は安心して訪問診療(在宅医療)を提供するために大学病院の感染症専門医の指導の元、厳格な感染症対策を行なっております。

新型コロナウイルス陽性の患者様に関しましては、『100%オンライン診療のみ』で対応しておりますので、通常の訪問診療患者様に新型コロナウイルスを持ち込むリスクはありません。 また発熱外来も行っておりませんので、 通院や外出に新型コロナウイルス感染のリスクをお感じの方も 安心して訪問診療(在宅医療)をご依頼ください。


以下当院の具体的な感染対策です。

■消毒液の設置とこまめな使用
感染予防のため、訪問中は常に消毒薬を携帯しております。また往診車内にも常備し、診察ごとや移動ごとに消毒を行なっています。

■院内の消毒
アルコールを用いて、定期的に院内の消毒を行っております。 また共同で使用する物に関しては、その都度消毒を行っております。

■職員の感染防止
標準的な感染予防策(サージカルマスクの着用、手洗い・手指消毒など)の徹底をしております。必要に応じて感染症専門医の指導の元、PPE(N95マスク、ガウン、フェイスシールド、手袋、シューズカバー)を使用し診察を行なっています。
※感染予防対策として患者さまにもマスクの着用をお願いいたします。

■院内の換気(密閉空間の排除) 
常時、院内の換気を行っております。
自宅待機を指示された新型コロナウイルス陽性者のためのオンライン診療開始しました。
ここ最近ニュースでも報道されていますように、新型コロナウイルス感染者が急増していることで、入院ベッドの圧迫による医療崩壊が現実のものとなっております。

都内でも入院できずに自宅療養を余儀なくされている患者様が20,000人を超えている状態です(8月13日現在)
今回流行の変異株は感染力と致死率の点でこれまでのコロナウイルスとは大きく異なります。
また急激に体調変化がおこりやすいことも特徴とされていますので、高齢者や基礎疾患をお持ちの方は「早めの酸素投与」や対症療法が必要になります。

当院はこれまで訪問診療に特化したクリニックとして地域医療に関わってまいりました。
そこでこの度、新型コロナウイルス陽性と診断され自宅療養を指示された方のためにオンライン診療を開始しました。必要に応じて在宅酸素を手配することも可能です(当院は複数の酸素会社と提携しております)。新型コロナウイルスに関わる治療費は全て公費となるため自己負担はありません。

保健所より自宅療養の指示を受けた場合は、当院までご相談ください。

※オンライン診療について
・利用するもの:電話またはビデオ通話
・対象者:自宅療養を保健所に指示された方の中で医師の診察が必要とされた方もしくは診察を希望する方

(一般社団法人日本プライマリ・ケア連合学会「新型コロナウイルス感染症COVID 19診療所・病院の プライマリ・ケア初期診療の手引き Ver.3.0」から一部抜粋)
「覚悟の瞬間(とき)」というメディアにて、 当グループ理事長の西田が取材を受けました!
今回、「覚悟の瞬間(とき)」というメディアにて、
当グループ理事長の西田が取材を受けました!

「覚悟の瞬間」では、経済界、スポーツ界、医療業界など、
様々なカッコイイ大人の生き様に焦点をあてています。
そんなカッコイイ大人たちの取材を通して、
知恵、成功へのカギ、生きていく上でのヒントになるようなメッセージをお届けする企画です。

今回、当グループ理事長の西田が、波乱万丈な人生模様や
在宅医療・若者に対する想いをお話させて頂きました!

是非ご覧ください!

詳細はこちら
ライブラリ北砂で介護職員様向けに講演をいたしました。
この度、認知症グループホーム「ライブラリ北砂」様で当法人の理事長 西田雄介が介護職員様向けに講演をいたしました。
利用者様の生活の場でよりよい環境、サービスを提供するために医療者と介護者はどのように連携したらよいか、また認知症という疾患についてお話しさせていただきました。
入所される利用者様が笑顔で過ごせるようこれからも当院は誠心誠意努力してまいります。
介護施設で働かれる方向けの講演についても随時承っておりますので、ご用命の場合はホームページもしくはお電話でご依頼ください。
新規開院のおしらせ 
2021年5月新規開院いたしました。